MENU
SWELLの公式サイトはこちら>>

家庭用3Dプリンターのおすすめを、初心者向け&目的別に厳選しました!

2020 6/08
家庭用3Dプリンターのおすすめを、初心者向け&目的別に厳選しました!

今回は「家庭用3Dプリンターのおすすめ」をご紹介します。

どうも、3Dプリンターで、子どものおもちゃや、便利グッズを作りまくってる、ばんぐる(@bangurume)です!

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

家庭用に3Dプリンターが欲しいけど、どれを選べばいいか、わからない…

というお悩みにお答えします!

実際に3Dプリンターを購入した私の経験を活かし「家庭用3Dプリンターの選び方と、目的別での家庭用3Dプリンターのおすすめ」をまとめました。

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

この記事を読み終えれば、あなたにぴったりの家庭用3Dプリンターが見つけられますよ!

というわけで、本記事は「家庭用3Dプリンターのおすすめを、初心者向け&目的別に厳選しました!」について書いています。

目次

【初心者向け】家庭用3Dプリンターの選び方

家庭用3Dプリンターを選ぶポイントは、以下の3つです。

3Dプリンターを選ぶポイント
  • FDM(材料押出式)がおすすめ
  • オートキャリブレーション機能付がおすすめ
  • フルカバーの3Dプリンターがおすすめ
ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

初心者目線で、家庭用3Dプリンターを選ぶポイントを、解説していきますね!

FDM(材料押出式)の3Dプリンターがおすすめ

初心者には、FDM(材料押出式)の3Dプリンターがおすすめです。

家庭用の3Dプリンターには、大きく分けると2つの方式があります。

  • FDM(材料押出式)
  • 光造形式
ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

家庭用3Dプリンター初心者の方は、FDM(材料押出式)がおすすめです!

理由はシンプルで、FDM(材料押出式)の方が、取扱いが簡単だから。

光造形式は、初心者にとって、以下のようなやっかいな面があります。

  • 材料のレジンが手に触れるとアレルギーを起こす可能性があるため、ゴム手袋必須
  • プリント後にレジンを洗浄する必要がある
  • レジンの取扱、保管が面倒
ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

3Dプリンター初心者の方、小さいお子さんがいる人は、FDM方式の3Dプリンターがおすすめです!

FDM(材料押出式)と光造形式にはそれぞれメリット・デメリットがあり、ざっくり比較すると以下のようにまとめられます。

  • 取扱やすさ:FDM(材料押出式)→初心者の人や、小さいお子さんがいる場合はFDMがおすすめ
  • 精度:光造形式→精巧なフィギュアや、アクセサリー等を作りたいなら光造形式がおすすめ
  • 価格:基本的には同程度、一概にどちらが安いとは言えない

要は、精巧なフィギュアやアクセサリーといった、高精度で綺麗な物を作りたい場合は「光造形式」を、そうでなければ、取扱いの簡単さから「FDM(材料押出式)」の3Dプリンターを選べばOKです。

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

特別な理由がない限り、FDMの3Dプリンターを選ぶのが確実です!

オートキャリブレーション機能付がおすすめ

初心者の人は、「オートキャリブレーション機能付」の3Dプリンターがおすすめです。

オートキャリブレーション機能:「自動で調整・校正」してくれる機能のこと。
面倒な調整・メンテナンス作業が不要のため、機械いじりが得意でない、初心者の方には必須の機能。

オートキャリブレーション機能がないと、自分自身で、3Dプリンターの調整や校正をする必要があります。

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

しかし、機械が苦手な3Dプリンター初心者の方にとって、かなり辛い作業であること間違いないです…

オートキャリブレーション機能があれば、3Dプリンター自身が調整や校正をしてくれるので、面倒な調整は不要。

簡単なセットアップを済ませるだけで、すぐに本格的な3Dプリントが可能です。

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

機械が苦手・機械をいじったことがない、という方は、オートキャリブレーション機能付の3Dプリンターを選びましょう!

フルカバーの3Dプリンターがおすすめ

3Dプリンター初心者の方や、小さい子供がいる人は、フルカバーの3Dプリンターがおすすめです。

というのも、カバーがない3Dプリンターは、やけどや怪我の危険が付きまとうから。

  • FDM(材料押出式)の場合、ヘッド部分は200℃以上と高温になり、やけどの危険がある
  • 駆動するロボット軸に手を挟まれると、怪我の危険がある

といったように、特に小さいお子さんがいる人は、カバーがないと危険です。

外側が全て囲まれている、フルカバータイプの3Dプリンターなら、機械に慣れてない初心者や、小さい子どもが熱源に触る危険はありません。

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

フルカバーの3Dプリンターなら、小さいお子さんがいても、安心して使えますね!

【目的別】家庭用3Dプリンターのおすすめはこれ!

ここでは、目的別に、家庭用3Dプリンターのおすすめをまとめました。

3Dプリンターのおすすめ
  • とにかく価格重視の人は「X-one2
  • 価格と性能のバランスを取りたい人は「Finder
  • 価格より、性能&使いやすさを重視したい人は「Adventure3
  • 精巧なフィギュアやアクセサリーを作りたい人は「NOVA3D Elfin
ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

それでは、1つずつご紹介していきますね!

とにかく価格重視の人は「X-one2」

とにかく価格を重視したい人は「X-one2」がおすすめ。

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

3Dプリンターとしてはかなり低価格の、3万円代から購入できます!

Amazonでのレビュー評価も高く、サクラチェッカーで確認したところ、問題ありませんでした。

X-one2はAmazonでも高評価で、サクラチェッカーの結果も問題なし

価格の安さ故に、オートキャリブレーション機能はありませんが、レビューを見る限り、調整は簡単との声が多いです。

サイズ感やセットアップの方法は、以下の動画が参考になります。

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

3Dプリンターを試してみたいけど、価格はできるだけ抑えたい…!という方は「X-one2」がおすすめです!

価格と性能のバランスを取りたい人は「Finder」

価格と性能のバランスを取りたい人は「Finder」がおすすめです。

[st-kaiwa1]価格と性能のバランスが取れた、コストパフォーマンスに優れた製品です![/st-kaiwa1]

オートキャリブレーション機能を備え、初心者の方でも簡単にセットアップ出来ます。

サイズ感やセットアップ方法は、公式の動画が参考になります。

惜しいところは、フルカバーではないので、小さい子どもがいる方は、稼働中に少し注意が必要な点です。

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

それでも、オートキャリブレーション機能を備えていながら、この価格は魅力的です!

価格より、性能&使いやすさを重視したい人は「Adventure3」

Adventure3の外観画像

価格は少々高くても良いから、性能や使いやすさを重視したい人は「Adventure3」がおすすめです。

税込で約7万円と、家庭用3Dプリンターとしてはやや高めの価格設定ですが、

  • 組立済みなので初心者でもすぐ使える
  • オートキャリブレーション機能付で調整が簡単
  • フルカバーなので小さい子どもがいても安心

なので、3Dプリンター初心者にとって、とても使いやすく、小さいお子さんがいても安心して使えます。

実際に私も購入し、30分程度で即テストプリントが出来る簡単さでした。

Adventure3は開封から30分程度で初期設定が完了し、テストプリントが出来た
初心者でも、開封から30分程度で初期設定→テストプリントができる

こんな感じで、MacBookを立て掛けるスタンドも、2時間程度でプリント出来ます。

MacBookを立て掛けるスタンドが2時間程度で作れる
MacBookを立てかけられるスタンドの画像

Adventure3」は、Amazonでは取り扱っておらず、公式サイトで購入できます。

>>公式サイトはこちらをタップ

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

価格は高くても良いから、性能や使いやすさを重視したい人は、「Adventure3」がおすすめです!

フィギュアやアクセサリーを作りたい人は「NOVA3D Elfin」

精巧なフィギュアやアクセサリーを作りたい人は「NOVA3D Elfin」がおすすめです。

これまで紹介してきた3製品は、FDM(材料押出法)という方式でしたが、「NOVA3D Elfin」は、光造形法という方式の3Dプリンターです。

ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

最大の特徴は、FDMより高精度で精巧な物が作れること!

光造形式の3Dプリンターなら、高精度な印刷が可能なので、精巧な物が作れる
  • 手袋が必須
  • 洗浄が必要
  • 小さい子どもがいると使いづらい

といったように、FDM(材料押出式)と比べると、材料となるレジンの取り扱いが少々面倒ですが、フィギュアやアクセサリーを作ってみたい方は、光造形式の「NOVA3D Elfin」がおすすめです。

まとめ:家庭用3Dプリンターは十分手が届く価格

今回は、家庭用3Dプリンターの選び方と、目的別のおすすめ商品をご紹介しました。

様々な製品がありますが、あなたの作りたい物や、環境に合わせた3Dプリンターを選ぶことが大切です。

最後に、今回ご紹介した4製品をまとめておきます。

3Dプリンターのおすすめ
  • とにかく価格重視の人は「X-one2
  • 価格と性能のバランスを取りたい人は「Finder
  • 価格より、性能&使いやすさを重視したい人は「Adventure3
  • 精巧なフィギュアやアクセサリーを作りたい人は「NOVA3D Elfin
ばんぐるのアイコン画像ばんぐる

あなたにぴったり合う、家庭用3Dプリンターを見つけてみて下さい!

どうも、ばんぐる(@bangurume)でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

30歳|夫婦ともに両親遠方の共働き|実家は関西、現在は東京在住|妻と2歳の息子の3人暮らし|ブログ歴2年|SWELL大好き|当ブログのテーマはSWELL

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる