ブログで収益が上がらない人がやるべき事はこれだけ【10人の具体例も紹介】

ブログで収益が上がらない

今回はブログで収益が上がらない人がやるべき事をご紹介します。

「ブログを数ヶ月頑張って100記事近く書いたけど、月に1000円の収益も稼げていない…」

というあなた、お気持ちめちゃくちゃ分かりますよ。

私もブログを始めた当初は半年で100記事以上書いて来ましたが、月に1000円も稼ぐことができませんでした。

なぜなら、ブログ初心者がやりがちな失敗をやりまくっていたからです。

>>100人以上のブログを読んで分かった、初心者がやりがちな10の失敗

ブログ初心者がやりがちな失敗事例 100人以上のブログを読んで分かった、初心者がやりがちな10の失敗

でもそこから試行錯誤を繰り返し、今では月に6桁以上の収益を安定して稼げるようになりました。

100記事近く書いて月に1000円も収益が上がらないのは、ブログを始めたばかりの私の様に、取り組み方が間違っている可能性が高いです。

という訳で、本記事ではブログで収益が上がらないという方に向けて『やるべき事』と『参考にすべき具体例』をご紹介します。

本記事を参考に、ブログの方向性を今一度見つめ直してみて下さい。

ブログで収益が上がらない人がやるべきこと

ブログで収益が上がらない人のほとんどが、以下の様な状況に陥っています。

ブログで収益が上がらない人の特徴
  • ブログのカテゴリーがバラバラで毎日違うことを書いている
  • 稼ぐための目標と戦略が決まっていない
  • 新記事を書くばかりでリライトしていない

では、これらを解消するためにやるべきことを1つずつご紹介していきますね。

ブログの軸を決める

ブログで少しでも稼ぎたいなら、自分のブログの軸を決めましょう。

初心者の方は雑記ブログで始めた方が多いですが、雑記ブログの中でもある程度はカテゴリーを絞って情報を発信していく方がブログは伸びやすいです。

例えばこの「ばんぐるめも」では「ブログ初心者に向けて、役立つ情報を発信する」という軸があります。

ブログの軸を決める時に考えて欲しいのが、過去の自分の経験や得意なことを活かせないか?ということ。

あなたの過去の経験や体験は、これから同じ経験をする人にとって必ず役に立ちます。

また、自分の得意なことや興味のあることの方が、ブログは長続きしやすいです。

ばんぐる

ブログで少しでも稼ぎたいなら、自分の過去の経験や得意なことが活かせるジャンルに絞って情報を発信しましょう!

稼ぐための目標と戦略を決める

ブログで稼ぎたいなら、稼ぐための具体的な目標と戦略を決めましょう。

例えば、月に1万円ブログで稼ぎたい場合、稼ぐための目標を分割すると良いです。

  • アドセンスで3000円
  • Amazonや楽天の物販で2000円
  • ASP案件で5000円

アドセンスで月に3000円ということは、1日あたり100円なので、約300PV/1日あれば達成できます。

1日300PVを達成するためには、10PV/1日の記事が30記事あればOKです。

ここまで目標を具体的に落とし込めれば、やるべきことや書くべき記事が見えて来ます。

Amazonや楽天の物販、ASPの案件でも同じ様に考えましょう。

初心者が登録すべきおすすめのASPについては、こちらの記事で紹介しています。

>>【初心者向け】ブログで稼ぐ方法は?アフィリエイトにおすすめのASP7選!

ブログ初心者向けのおすすめASP 【初心者向け】ブログで稼ぐ方法は?アフィリエイトにおすすめのASP7選!

稼げない人は、具体的な目標が見えずに漫然と記事を書いてしまいがちなので、ぜひ心掛けてみましょう。

ばんぐる

目標はできるだけ具体的に見える化すればやることが見えて来ます!

記事をリライトする

100記事近く書いても稼げてない人の多くが、過去記事のリライトをせずに新記事ばかり書いてしまっています。

でもブログって新記事を書き続けても、必ずどこかで頭打ちになるんですよね。

ブログでアクセスを集めたい、収益を上げたいならリライトは必須です。

初心者の方が勘違いしがちなのが、今の自分のスキルで記事を書き直すことがリライトの全てだと思っていること。

もちろんそれも1つの目的ではあるんですが、リライトの1番の目的は「記事内容と検索意図のずれを直す」ことです。

このあたりの具体的なリライトの方法は、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。

>>【初心者向け】ブログ記事のリライトって何すればいいの?って人へ

【初心者向け】ブログ記事のリライトって何すればいいの?って人が読むべき記事 【初心者向け】ブログ記事のリライトって何すればいいの?って人へ

ブログで収益が上がらない人が軸を決める参考にすべき具体例

私のTwitterでの企画で、ブログの紹介企画を実施させて頂きました。

https://twitter.com/bangurume/status/1197793716087341056?s=20

たくさんの人にご応募頂きましたが、個人的に「あ、この人ブログ軸がしっかりしているな」と感じた10名を紹介していきますね。

今回紹介する10名は、何でも思いついた事を手当たり次第に書いている訳ではなく、自身の過去の経験や得意なことを元にして、体験談や役に立つ情報を発信しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

うぬぼれさん

ここがポイント
  • 「筋トレ」「健康(サプリや栄養)」に特化
  • Twitter発信(@reform_kyantama)は見習うべき点多数

うぬぼれさんのブログはこちら

>>うぬぼれBlog

参考 うぬぼれBlogうぬぼれBlog

はなさん

ここがポイント
  • 「結婚」「妊娠」「育児」「お金」という悩みを「ワーママ」に向けて発信している
  • 体験談がしっかり盛り込まれている
  • 内部リンクを意識している

はなさんのブログはこちら

>>はなめも

参考 はなめもはなめも

あきらきさん

ここがポイント
  • 「ファッション」に特化
  • ファッションはAmazonで料率8%と高めなので収益化するなら狙い目
  • 自身の体験談やコーデのオリジナル写真を増やすとなお良い

あきらきさんのブログはこちら

>>あきらきブログ

参考 あきらきブログあきらきブログ

しょこさん

ここがポイント
  • 「幼児英語」「バイリンガル育児」に特化
  • 上記ジャンルはASPの案件も豊富で収益化しやすい

しょこさんのブログはこちら

>>一姫二太郎とおうち英語

参考 一姫二太郎とおうち英語一姫二太郎とおうち英語

なつさん

ここがポイント
  • 「英語学習」「理学療法士&開業」に特化
  • なつさんは20カ国に旅行した経験があるので、体験談を盛り込めば確実に伸びる
  • 英語学習は収益化を狙いやすいジャンル

なつさんのブログはこちら

>>なつライフ

参考 なつライフなつライフ

ててさん

https://twitter.com/tetelabme/status/1197110488070443008?s=20

ててさんのブログはこちら

ここがポイント
  • 「小動物」の飼育方法・飼育に役立つ商品や情報に特化
  • 好きなこと、得意なことをブログにする好例

>>ててらぼ

参考 ててらぼててらぼ

ままこさん

ここがポイント
  • 「在宅ワーク」に特化
  • 副業全盛期の時代、これから在宅ワークの需要がさらに伸びるのは確実

ままこさんのブログはこちら

>>おうちのままこ

参考 おうちのままこおうちのままこ

ふぁみママさん

ここがポイント
  • 雑記ブログながら、カテゴリーが整理されている
  • 「節約」「家計」は需要が高く収益化も狙いやすいジャンル

ふぁみママさんのブログはこちら

>>ふぁみまに

参考 ふぁみまにふぁみまに

ザッキーさん

ここがポイント
  • 「コーヒー」「カフェ紹介」に特化
  • 好きなものや趣味をブログに活かした好例

ザッキーさんのブログはこちら

>>グッドライフ

参考 グッドライフグッドライフ

こみやさん

ここがポイント
  • 「インテリア」「雑貨」に特化
  • 記事数が増えれば、もっと小カテゴリーを充実させればなお良し

こみやさんのブログはこちら

>>Komiya interior blog

参考 Komiya interior blogKomiya interior blog

まとめ:ブログで収益が上がらないなら方向性を考え直そう

今回はブログで収益が上がらない人がやるべき事と、参考にすべき10人の具体例をご紹介しました。

100記事近く書いて月に1000円も稼げていないなら、恐らくブログの取り組み方が間違っています。

新記事を書き続けても伸びる可能性は限りなく低いので、一度立ち止まって振り返る勇気を持ってみて下さい。

ばんぐる

試行錯誤無くしてブログの成長はありませんよ!

ブログ初心者がやりがちな失敗事例 100人以上のブログを読んで分かった、初心者がやりがちな10の失敗 ブログ初心者向けのおすすめASP 【初心者向け】ブログで稼ぐ方法は?アフィリエイトにおすすめのASP7選! 【初心者向け】ブログ記事のリライトって何すればいいの?って人が読むべき記事 【初心者向け】ブログ記事のリライトって何すればいいの?って人へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA